--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/20 (Thu) 20:45
ボーカリストコメント3&4

ということで、またまたボーカリストからのコメント第3弾と4段を一気に公開。
今回は結月そらさんと遊女さんです。




『原罪を追って<from Cabil>』   遊女



1:新しいアレンジのデモを聞き、どのような感想をお持ちになりましたか?

 わりと、正統派(?)のアレンジが来たなー、と思いました。
 この曲は、「Cabil」に入っている原曲の他に、自分が出した「しいくわあず」という
アルバムの中でもアコースティックアレンジをさせてもらっていて、
わたしにとってはこれが3つ目のアレンジになります。
 3つの中で、今回のアレンジが最も、妖精とか出てきそうな森の奥深くっぽい
雰囲気が、ストレートに出ているような気がしました。



Q:歌詞とメロディが基本的に変わっていない中、新しいアレンジに自分の歌を
こう持っていこうなど考えたことはありましたか?

 あんまり、考えることはありませんでした。
 新しいアレンジのオケを聴きながら歌えば、新しいアレンジに合った歌い方が
自然と出てくるだろう、的な。
 あとはレコーディングの現場で折倉さんに聴いてもらってディレクションいた
だけばばっちりでしょ、的な。



Q:レコーディングで歌ってみて、無意識に気付かされた当時と今の自分の歌の
違いなどがありましたか?

 原曲のときは、ちょっと、今より遠慮がちな歌い方だったかもしれません。
 当時、折倉さんの曲を歌わせてもらうのが初めてだったので、どこまで自分を
出していいのか…という部分だったり、その「自分」っていうものも、今ほど確
立されていなかったと思いますし。
 今回はそういう遠慮とか迷いとかはあんまりなく、のびのび歌わせてもらった
と思うので、原曲をお持ちの方は、その辺の違いも楽しんでいただけたら楽しい
と思います!



Q:その他全体の感想・メッセージ・アピールなどなんでもどうぞw

 話を聞くと、他の曲は原曲とアレンジの違いがものすごいことになっていたり
するらしいので、すごく楽しみです。

genzai2.jpg

<< ボーカリストコメント5 | ホーム | ボーカリストコメント3&4 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。